image0075

襟の味付け?甘い襟と辛い襟…

Posted on Posted in ファッション知識

襟の甘さ、辛さ

ロゴ200

こんにちは、ファッションコンサルタントの大場です。
今回は、沢山の襟の種類がある中で、その襟の雰囲気を表す言葉についての記事を書いてゆこうと思います。
皆さんは、襟の雰囲気の表現で「甘い」「辛い」という表現を聞いたことがありますか?
今回はそんな料理に使うような言葉についての記事です。

襟の味付け

EHIME_14_6_1_4_0_1

では実際襟の甘い、辛いという表現はどのように使われるのか?
これは、アパレルの現場ではよく使われる言葉ではあるのですが、どんな襟の味付けなのか。
それは、襟首まわりのカーブの強さなのです。
実際によくある例としては、メンズのパリッとしたシャープな襟を辛い襟。
レディースの、首周りが柔らかく見える柔らかい襟が、甘い襟と表現する事がよくあります。
写真を参考に見てみるとよりよくわかると思います。

甘い襟

女性のシフォンシャツ短い-袖レディースターン-ダウン襟花びらすべて-一致させるah3023甘いシャツ.jpg_640x640

辛い襟

shirt_color_casual

このような形の違い、特に襟首周りの入り方や襟の返りが立ち上がっているもの程辛い襟、返りが寝ているものを甘いと表現します。
次項では、襟の味付けによって変化するイメージの違いをご説明します。

襟の雰囲気とイメージの関連性

spu_spu12860_1

では、襟の甘さ、辛さでどのようにイメージが変わるか。
それを簡単に書きだしてゆこうと思います。

甘い襟

首周りが柔らかくみえ、カジュアルで親しみやすい雰囲気に。
女性の華やかなテーラードやYシャツに多く見られ、メンズでは見る機会が少ない仕様。
優しい印象や、リラックスした印象を与える事ができるので普段のシーンで活躍する。

辛い襟

首周りの襟の線の入りがシャープで、襟の返りも立ち上がるので首周り全体がシャープに見える。
メンズのテーラードや、Yシャツ、レディースのビジネススーツによく見られ、フォーマルシーンでの活用などが多い。
力強い印象や、知的でクールな印象などが特に強い。

このように、襟によって印象が変わってしまう場合が多くあるのでしっかりと活用するシーンに応じて使ってゆく必要性があるのです。
そしてそれをしっかりと活用することで、自分自身のイメージを簡単に変えられる事も襟周りの魅力だと筆者は考えています。

終わりに

今回は、アパレルの用語についての記事でした。
意外に世間ではわかりにくいアパレル用語が溢れています。
そんな用語をピックアップしてご説明する事もコンサルタントの仕事だと筆者は考えます。
用語を知る事で、洋服についてよりしっかりとした理解と確信を得ることが出来るのです。
そして、より深く知りたい方や実際に襟の味付けの活用法を知りたいなどは下記のリンクよりいつでもお気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ

予約

Fashionの魔法を貴方に…