9e70f9db2c0e68ae526fa5138d082c59f8a51e8d.88.2.9.2

脚長美人、美脚男子になるには。脚を長く見せる基本スタイリング

Posted on Posted in スタイリングテクニック

脚を長く見せるには

cropped-88ace8d1aec113c8534e450e05cba20f.jpg

こんばんは、ファッションコンサルタントの大場です。
まず、九州での震災被害にあった方々のご無事を祈っております。何より震災にてお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。

今回はスタイリングテクニックの中でも人気の高い、足長に見せるテクニックをお伝えします。
皆さんはモデルのような美しい脚に憧れを抱いている方も多いでしょう。
そして鏡を見て絶望したりしていませんか?
脚を長く見せるには、元々脚が長くなくてもそのように見えるテクニックが沢山あるのでご安心ください。
そして、そのスタイリングテクニックの一部をご紹介して行きます!

脚が長く見えるバランス

48d8a8b1
では、まず皆さんに知っておいてほしい事として重要なのは脚の長さはボディーバランスに依存している事です。
簡単に言えば、脚が長くてもそれ以上に胴が長ければ脚は長く見えません。
単純に考えれば、脚が長いのという事は脚が座高より長い状態に対してそう認知されるのです!
身長が深く関連していると思われがちですが、大事なものは身長ではないのです。
皆さんが憧れるモデル体型ですが、ポイントだけをおさえれば皆さんも近づけるのです。
身長の高いモデルも身長の低い読モの方もバランスは極めて似ています。
まるで同じボディーを拡大縮小したようなものなので、実際の身長は余り左右されないという事がなんとなく想像出来ていれば皆さんもその体型に近づける事ができます。

脚長カモフラージュテクニック

27
それでは実際に脚を長く見せるにはどうすれば良いか?
それは3つのポイントで決まります。
もちろん各方々の体型によって千差万別であり本来はコンサルティングをしてゆくのが筆者の仕事ではありますが、その中でもわかりやすい部分をピックアップして行きます!

ポイント1〜ウエストライン〜

khnz-006-f
これはどんなコーディネイトにも共通して重要な点です。
どんな洋服にもパターンの段階でウエストラインを基準として作られて行きます。
そしてこの各洋服のウエストラインを把握してコーディネイトしてゆく事がまず基本となります。
ウエストラインは元々スタイルがいい方を除いては自分のナチュラルウエストより2〜3cm上にくるように設定するとそれだけで身体のバランスが脚長にシフトします。
それと共に、擬似のウエストラインを構築する事も大事なポイントで、特にパンツコーディネイトの場合は、パンツのウエストベルトの部分がウエストラインと認知されがちになるのでローライズなどを履くと余計脚が短く見えてしまいます。その場合は、ウエストラインに見られたい場所にアクセントとしてベルトを入れてあげるとバランスが取れるので是非ご活用ください。
男性の場合は、これはやりすぎないようにした方が無難ではあります。
どちらかというと、ヒップラインや脚の細さや形が重要になってくるのが男性です。

ポイント2〜ヒップライン〜

20110817162326-1
これは特に女性の方の方が多くお悩みの部分ではありますが、ヒップの高い部分。いわゆるヒップトップを如何に高めにもって来るかも重要な点となります。
テクニックとしては、もちろん矯正下着が有効的ではありますが余り矯正下着に対していいイメージを持たれない方も多いので、除外いたします。
ヒップラインが明確に出るものはスカートではなくパンツなので、スカートを着る場合は余り気にするポイントではないかもしれません。
しかしパンツでは男女問わず重要となってくる部分なので気を抜かないでください。
女性はヒップとふとももが明確に分かれているパンツ(スキニー)などは、ある程度脚に自信のある方でしたらとてもお勧めです!スキニーは脚を綺麗に長く見せやすいタイプのパンツなので、王道ではありますがしっかりはまってくれます。
しかし、自信がない方はガウチョやペンシルパンツなどゆったりしているものの方が着やすいかもしれません。特にガウチョはバランスによってはお尻を大きく見せる場合があるのでご注意を。ペンシルパンツやクロップドパンツがお勧めです。
男性の場合は、脚が直線的に見えるパンツを選ぶととても効果的です!
細身のスラックスやデニム、スキニーがお勧めです!
NGなものは、カーゴパンツやサルエルパンツなどデザインポイントがヒップより下にあるパンツは避ける方が無難です。

ポイント3丈感

20160125155251662_500
これは、様々なスタイリングをするにあって視覚効果を利用する手段の一部で、すべてのバランスを決めると言っていいほど重要な事項です。
これもスカートとパンツに分かれますが、特にスカートは視覚的な効果が顕著に出るので気をつけてください。
ショート丈のスカートや、膝上程の長さのスカートは脚長効果が強い傾向にあり、5〜6分丈が最も取り扱いにくい丈感です。そもそも脚が長い方などはマキシ丈や5〜6分丈がお勧めでとてもバランスよく見えます。
次にパンツはというと、最も視覚的な効果が強いのは

7分丈

451603
なのです。
微妙にくるぶしやふくらはぎが見える長さが最も脚が長く見える傾向に強く、どんな方にもお勧めできる丈感です。
続いてはフルレングスのパンツはそれに続いて脚が長く見えやすいです。男性の場合は7分丈は抵抗があるかもしれませんので、フルレングスで脚の形で魅せてゆくと良いでしょう。
そして本来脚が長い方々は5分丈が最も脚が綺麗に見える比率となります。

終わりに

今回ご紹介した方法はあくまで、ボトムスのみの状態での話です。実際はトップスとのマッチングや、アイポイントの誘導などによって全く脚の長さの印象は変わります。
そして、アプローチの方法も体型によって様々なので、一概に正しいとは言い切れません。
しかし、基礎を知っているといないのでは全く支店が変わってくるので,是非この記事を参考にしてください!
どうしてもうまくいかない方や、失敗をしたくない方はいつでもお気軽にご相談ください!全力でコンサルティングをさせて頂きます。
この知識で皆様が明日からモデル体型に近づける事を祈っております。

Fashionの魔法を貴方に…