image

初夏のカーディガンコーディネイト〜女性編〜

Posted on Posted in スタイリングテクニック

ゴールデンウィークや初夏の服装にお悩みの方に

cropped-88ace8d1aec113c8534e450e05cba20f.jpg
こんにちは、ファッションコンサルタントの大場です。
GW真っ最中で気温も急上昇してきている今日この頃、服装選びも難しい季節になってきています。
そしてそんな中、服装難民の方々も多くいることでしょう。
今回は、そんな方々へ向けて初夏コーディネートの基礎の一部男女別にをお伝えしようと思います。

初夏のカーディガンコーディネイトの基礎

女性はこの季節は特に寒暖差が激しく着るものに困ってしまう季節だと思います。半袖だと寒い、なにか羽織ると暑いなど体温調節が難しいのもこの季節の特徴です。
今回のコーデの主軸になるのは、カーディガンをベースに作り上げようとおもっています。。。
上記のアイテムは比較的使い回しが効いて尚且つ着方によっては格好良くも可愛くも着れるというメリットがあります。

では、そのコーディネイトの基本をお伝えします。

カーディガンコーデ基本

カーディガンは多くの種類が出回っているのですが、大きな違いは素材と丈の長さ、ヘムラインのカッティングで味付けを変えているのです。(ヘムラインとは裾の形)

まずはその選び方ですが、とにかく丈が重要になってくるのですが自分の身長を基準になりたい雰囲気に応じて変えた方がいいのです。

ショート丈

image
活動的でコンテンポラリーな落ち着いたイメージを与えやすい

膝丈

image
どんな人にも馴染む王道の丈。しかし、使い方を間違えると地味なイメージに見えてしまうので注意が必要。

マキシ丈

image
存在感が強く主役級のアイテムが揃う。モードなイメージやクールなイメージを与えやすいが、反面ヒールやインナーバランスで調整をしないと身長が低く見えたり洋服に負けてしまうコーデになりやすい上級者向けのアイテム

といったような効果が得られるので参考までに覚えて見てください。

そして、そこに素材が加わってくるのですが基本は柔らかいしなやかな素材が目立ちます。特に薄い天竺素材などは着心地も良くお勧めです。
中には今季レース素材のものが出回っていますが、インナーとの相性が大事になってくるので購入する場合はインナーを考えてからをお勧めします。

インナーの選び方

そして、そのイメージを元にスパイスのような役割をするものがインナーとボトムスになります。

ではまず、インナーの効果についてご説明します。

インナーは特に差し色やボディーラインの強調に使われる事が多く特にボディーバランスに関係してくるアイテムです。
ここでは、基本的にはTシャツをメインに考えて行こうと思っています。
モノトーンは雰囲気が出やすい色ではありますが、素材感で遊ぶ必要があるので慣れていない方は地味になりやすいデメリットがあります。
なので、赤やオレンジ、ブルーなどの力強いイメージのカラーを挟むと華やかに簡単におしゃれに見えることが多いです。
特に重要なのは襟の形で、Uネックは優しい色気を、Vネックはセクシーさや大人っぽさを醸し出す形となっています。
image
image
意外な組み合わせとしては、オフショルダーと合わせると首が綺麗に見える効果が得られるので是非お試しください。

ボトムスについて

ボトムスは脚長効果や全体のイメージを決める上で重要なアイテムになってくるのですが、あまりにもアイテムの数が多くあるので最も重要な事項だけをお伝えします。

それは

カーディガンの丈とパンツの丈が揃ってはいけない

という事です。
カーディガンが膝丈で、パンツも7分丈というコーデだと両アイテムの裾が干渉し合ってしまい、メリハリの無いコーデになりがちです。
裾を揃える場合は、落ち着いた印象を与えたい場合やその他の小物で魅せる場合を除いてはチャレンジするのを避けた方がいいでしょう。

終わりに

色々とコーデの効果について書いてきましたが、実際筆者が先日行ったコンサルティングでコーディネイト提案したものを具体的に書くと、
身長163cmの普通体型の女性に対して
白レースのロングカーディガンに、ブルーのVネックのノースリーブシャツ、ホワイトのショートパンツというコーディネイトでした。
小物にシルバーのバングルとブラックのレザーのクラッチバッグ、大きめのサングラスにベージュの女優帽、香水にはミントとジャスミンをベースにしたものを選ばせて頂きました。

ご本人のご要望により、ブランド名とお写真のご紹介は控えさせていただいておりますがご了承ください。

このように、流行を取り入れつつも長く着れそうなアイテムをご提案することもコンサルティングの仕事です。
もちろん人それぞれの要望に添ってアイテムは変化してゆきますのであくまで一例として考えて頂ければ幸いです。
文字のみでご想像して頂くのは難しいかとはおもいますが、もし実際にお悩みの方やコンサルティング希望の方はお気軽にご連絡頂ければ全力でお力になります!

Fashionの魔法を貴方に…