cc5401-02

Tシャツのサイジングテクニック

Posted on Posted in スタイリングテクニック

Tシャツのサイジング

cropped-88ace8d1aec113c8534e450e05cba20f.jpg

こんにちは、ファッションコンサルタントの大場です。
皆さんは、お盆をいかがお過ごしでしょうか?
まだまだ暑い日が続きますが、今回はそんな日によく使うTシャツの記事です。
前回の高級Tシャツの記事に加えてご覧ください!

Tシャツはサイジングでスタイリッシュに

846

今回はTシャツのサイジングのコントロールの一例をご紹介します。
Tシャツのサイジングはとても重要なスタイリングテクニックでイメージバランスの構築や体型調節を可能とします。
そんなサイジングテクニックで重要な事はTシャツのサイジングやシルエットの分析が必要です。
そして、とても簡単な分類を今回は使用します。
あくまで初級と思って頂ければ幸いです。

Tシャツは、下記のような分類にします。

ボックスシルエット

タイトシルエット

ストレートシルエット

上記の3種類のシルエットは、基本です。
次項は各シルエットの特徴をご説明します。

シルエットの特徴

ladies_t_thumb

ボックスシルエット

mig
全体的にビックサイズに見える。Tシャツが身体から離れるので綺麗なドレープ(シワ)が特徴。ショルダーがしっかりと落ちている事も特徴。

タイトシルエット

11156_02
身体に沿ってぴったりと沿ったシルエットで、ボディーラインを強調する事が特徴。

ストレートシルエット

62191739
ショルダーはしっかりとあっており、尚且つウエストから下にはしっかりとゆとりがある最もノーマルなシルエット。特徴としては、バランスのよいフィット感がある。

このような特徴を活かしてコーディネイトする事が大事です。
しかし、この特徴は活用法を誤るとマイナスにもなりかねないのでしっかりと活用してゆきましょう。

サイジングの活用法

Model-Granada-Sky

ではどのようにサイジングテクニックを活かすかの一例をご紹介します。
各体型を活かしたコーディネイトを作りあげましょう。の
今回は肩のシルエットを取り上げてみたいとおもいます。

なで肩の方へ

最も危険なシルエットはストレートシルエットです。肩幅が合わない場合が多く、なで肩を強調しやすいです。そして、ウエスト下からのシルエットは余計ボディーバランスを崩してしまう恐れがあります。
タイトシルエットはバランスが取りやすいですが、ウエストとの対比で良くも悪くも見えるので人によりますがお勧めです。
ボックスシルエットが最もしっくりとくるシルエットで、なで肩をならしながらスリムに見える場合があります。

怒り肩の方へ

なで肩とは逆の悩みをお持ちの方が多いとは思いますが、それを相殺出来るシルエットがストレートシルエットです。
肩幅とウエストのバランスが綺麗にまとまりやすいので、バランスを整える効果が望めます。
最も危険な物は、タイトシルエットです。おわかりのとうり、とても肩を強調してしまいます。
また、ボックスシルエットも肩幅をごまかせるかと思われるかと思いきやショルダーの落ち方が弱いとシルエットが崩れるので逆効果です。

終わりに

実際は各ブランド一点一点のTシャツのパターンに微妙な違いが生じます。
そして、そのシルエットが1cm単位で違うだけで大きな形の違いを生じてしまいます。
完璧な形を求める方はプロの力を是非お試しください。
いつでも下記リンクよりご連絡お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

予約

Fshionの魔法を貴方に…